たまプラーザ賃貸、あざみ野賃貸、セントラル産業不動産BLOG

当社の物件紹介や地域情報まで住むにあたりより親近感をもてるブログを目指します。

ブログ一覧

追悼・・・ウォルター・ベッカーさん

ご存知スティーリー・ダンの

ウォルター・ベッカーさんが先日お亡くなりになりました。

相棒のドナルド・フェイゲンさんの来日公演が

9月20日から予定されていただけに驚きのニュースでしたが、

更にそのフェイゲンさんの来日公演も中止になりまして、

スティーリー・ダンFANとしては

かなりのショックと言うか衝撃の展開に言う言葉もありません。

ま、皆さんよ〜くご存知のスティーリー・ダンなんで、

有名所のアルバムはおいとくと言うか、

話し始めたらキリが無いというか。

なんで、まあ〜近年の想い出でも。

そもそもレコーディングプロジェクトなユニットで

完成品がサンプリングで構成されているアルバムで、

制作に物凄い時間をかけている事からも

”ライヴ”はやらないと言われていた彼らですが、

1990年代に入ると”ライヴ”をすることになり、

なんと来日も果たしました。

その頃出たのがコレ。

https://www.youtube.com/watch?v=n_Kx8wZ4Zic

まあ〜ジャケもこんな感じで、

あ〜なんか昔とイメージ違うなぁ〜

音も良いんだけど、

レコード忠実と言うよりはなんか

カバーバンドと言うか演奏も言うことなしなんですが、

90年代のスティーリー・ダンはそういうことなのね、

と納得して聞く事が肝要と言うか。

個人的にはやはり

スタジオレコーディングのアルバムの完成度の方に

興味がどうしても行ってしまう事を確認させられた点において

意味があったかと。

で、それから数年して出たのがコレ。

これ、

演奏のみではなくてインタビューが曲間に挟まれていて、

ライヴというよりはドキュメンタリーなんですが、

要はスタジオに近い環境での演奏で抜群に音がいいです。

サラウンドで分離もハッキリクッキリで臨場感半端ないです。

これを聴くためにサラウンド買いました。(というか、電気店でこれがサラウンドでかかっておりまして、即買い。)

https://www.youtube.com/watch?v=hXoJz78LN50

あ〜この時からはや17年ですか。

合掌

更新日時 : 2017年09月17日 | この記事へのリンク : 

The President /「By Appointment Of」

な〜んか最近CDも買ってなくて、「探し歩き」してないなぁ〜と。

ブログのタイトル変えた方がいいか。

ま、温故知新で”再発見”でも「探し」にはいるか。

で、これ。

結構マイナーかと思っていたのですが、ぐぐるとレヴューがいっぱい!。

自分以外に知らないやつ居ないと思っていた輩がいっぱい居たんですな(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=VfEihYG6feE

シングルカットの1曲目ですが、なるほどのキャッチーさとメロですな。

83年ということもあってシンセベースがブイブイ言ってますが、

センスの良い使い方かと。

やはり腕が違うんですな。

メンバーは70年代に活躍したプログレ・バンド

KAYAKの面子との事。

https://www.youtube.com/watch?v=irC1kRtDx0E

https://www.youtube.com/watch?v=SzRbLHK-zCE

当時はそんなことな〜んも知らんかったわ〜。

ま、正直なところ今はKayakの方がいいねぇ。

とは言えこの季節にはプレジデントの方がハマりますか。

https://www.youtube.com/watch?v=xDMzUkJNP88&feature=related

https://www.youtube.com/watch?v=MTbGQNw0FT4&feature=related

https://www.youtube.com/watch?v=O6GFFiqVHjY

この曲が自分的にはベストトラックかな。

なんでも歌っていらっしゃる方は

「スターズ・オン・45」でポールのパートを

歌っていらっしゃったそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=7skQvj-aBV8

更新日時 : 2017年09月10日 | この記事へのリンク : 

COPY - PLASTICS

先日のことですが、

子供と夕食たべていて、

子供がふとしたひょうしにコップに箸を当てて”チン!”って音がしたんですね。

その時、頭に浮かんだのがこの曲。

https://www.youtube.com/watch?v=OWpeRcDju2w

なんの脈絡か全く分からないかと思いますが、

私の頭の中では

イントロから延々と続くピコピコ音

「テテテテテッチン、テテテトテチン」ってのがですね、

鳴り響きまして。  で、ですね。

思わず他の食器もチン、チン、って鳴らしてみて食卓の食器で

「テテテテテッチン、テテテトテチン」って演ってしまったわけですな。

お行儀悪くて大変申し訳ございませんm(_ _)m。

しかしですね、小学生の娘らにはオオウケ(≧∇≦)/。

イカンとは知りつつ、

酒も飲んでないのに昭和の飲んだくれ親父よろしく

何度も「テテテテテッチン、テテテトテチン」てな感じ。

で、先の曲を聞かせたら「お〜パパすげぇ〜」ってなるわけですよ。

そしてまあ〜予想通りというか、曲にドハマリ。

箒持ってエアギターかまして30分は踊りまくってました。

流石名曲だわ。

https://www.youtube.com/watch?v=rRmS8sO1fYw

https://www.youtube.com/watch?v=r8Qs1fx40og

更新日時 : 2017年09月03日 | この記事へのリンク : 

最近買った昔ライヴ〜Eagles1976

さてさて、

1976年のイーグルスのライヴはどんな感じなんでしょうねぇ〜、

当時ったら小学生でしたがな。

その後、中学生になったら、

かの「TheLongRun」とか聞くようになって、ライヴ出して解散と。

なんで1980年代のライヴはコレが有るんですな。

ま、ホタカル以降のFANにとってはコレで十分なんでしょうけど、ね、

ベースがランディ・マイズナーさんの頃も聴きたいなぁ〜って

思いませんか?。で、コレ。

映像あります。

https://www.youtube.com/watch?v=BdbkPPH_TZ4

ま、もちろんこういった音源はラジオかTVですから。

ちょっと前にこんな映像作品もでて、

懐かしの場面もそれなりに収録されていたので映像有るんだろうなぁ〜とYouTubeを探したりしてね。

ま、演奏自体はびっくりするほどではありませんが、

この手の音源にありがちな臨場感は感じることが出来ます。

音もAmazonのレビューとかで言われているほど悪くありません。(ま、ウチのオーディオで聞いたんで、それ以上はナントモ言えませんが。)

ジョー・ウォルシュさんのオリジナル曲も数曲あったりして

赤いジャケットの「LIVE」とは雰囲気が結構違いますね。

ホタカル以前のイーグルスの曲にぐっと来るようになったら

感動のライヴかと思います。

更新日時 : 2017年08月27日 | この記事へのリンク : 

wattstax〜ソウルの祭典

最近、映画見ていますか?。

まあ〜話題なモノはたまに見たりしますが、

見たいと思うのは昔の映画だったりして、

DVD借りておウチ映画館。

で、ほとんどが音楽モノ。

昔はライヴを映画化してるモノが多く、

まだまだ見てないネタ多くあります。

代表的なライヴ映画というとかのウッドストックですが、

”黒いウッドストック”と言われているが

「WATTSTAX」って1973年のライヴです。

コレ。

このジャケで目を引くのが、

アイザック・ヘイズさんの後ろにそびえる謎の塔なんですが、

コレ。

おお〜オープングにもバックでバッチリ写ってる〜。

正直ソウルはよく分からないんで、

この塔にはたいそうな意味が有るんじゃないかと思うんですが、

コレを見て思い出すのがコレ。

同じでしょうか?。

ま、同じだとするとやはり流石エヂ・モッタさん。

こだわりが凄いっすね。

あ、で映画自体はココで見れます。

https://www.youtube.com/watch?v=A_P6ZWUJIa0

イントロから良すぎですな。カッコイイ。

繰り返しますが、ソウルやブラック・ミュージックには疎いんで、

知らないアーティストさんいっぱいですが、

皆さんスンバラシイです。

この会場に集っているお客さんの思いとか、

映画らしくインタビューが撮られていて、

多少の理解が及ぶんですが、

その盛り上がり具合は想像をこえる熱量を感じさせます。

ココ最近の日本のデモ行進とか、集会とか全く熱量かんじないんですが、このwattsは凄いですよ。

8月のクソ暑い時期にこんなに熱い映画見てどうすんの〜

って思われそうですが、汗かいて見ないとダメです。

この感動にクーラーで水挿しちゃあ〜あかん。

更新日時 : 2017年08月06日 | この記事へのリンク : 

Journey 1977&1979 LIVE

ジャーニーってバンドは皆さんご存知かと思いますが、

彼らの1977年と1979年のライヴ聴きました。

977はコレ。

まあ〜1977年というとカルメン’77と言うか

日本ではピンク・レディー全盛期で私は小学生なわけですが、

ジャーニーはこんなだったんですね。

https://www.youtube.com/watch?v=LHDGNDL93wY

ジャケ見て分かる通り、

マイク持って突っ立っているお方があらしゃいません。

ご存知スティーヴ・ペリーさんですが、黒船来航前というか(笑)。

皆さんがご存知の(1981年型)ジャーニーと

メンバーが二人しか同じじゃないです。

ギターとベースしか一緒じゃありません。

その割には然程の違和感ないなぁ〜ってのが第一印象。

例えば、コレとコレはギターしか一緒じゃないが大違い。

まあ〜私の場合元々オリジナルのジャーニーも

好きだってことがあるんですが、

ヴォーカルだけ変えれば

1980年代ジャーニーになりそうな気もしました。

で、1979年聴きました。コレ。

いたいた、マイクだけしか使わないおっさん。

しかし、この人が凄いのはこれを聞けば分かる。

ま、普通に凄いんですが、

先のアルバムから続けて聞くと違いが分かりすぎて

正直、”こんなにも違うんだ!”が、このCD聴いた第一印象。

1977から2年でこの違い。

代的にはこの2年の違いは大きいんだが、

バンドとしてこの2年の変化は大きい。

選曲だが、

ペリーさんのクレジット(作詞作曲にかかわっている記載あり)

ある曲が90%!。

なんだ、ペリーさんのバックバンドになったんだ。

って思わざるを得ません。

それとね、ギターがバッキングに徹してる。

1977は歌の後ろや間で結構引き倒していたショーンさんが

ソロ以外はバッッキング命!って佇まい。どーしちゃったの!?。

更にはですね、ドラムが違って凄いわ。

スネアを中心に音の粒立ちがクッキリハッキリ。

JAZZ系とかでブラシを考えてシャラシャラしたセッティングする古いタイプが1977のドラマーさんなんですが、

1979のスミスさんはスネアはとにかく”パーン!”とインパクト重視。

シンバルもカップを多用するんで、コンコン印象的で新鮮。

そーか、このドラマーじゃなきゃ

ドント・ストップ・ビリーヴィンのバックはあーならないよね。

https://www.youtube.com/watch?v=ZyK16dgRtGU

ま、想像ですけどね。

元々彼らはカンサスを目指していたんじゃないかと思うんですよ。

トコロが1977年にあるバンドが馬鹿売れしたんで、

今度はボストンを目指して旅を続けたんじゃないかと。

お後がよろしいようで。

更新日時 : 2017年07月30日 | この記事へのリンク : 

HIGH RED 白いけど黒いソウル

ひっさしぶりの最近の人の新作ですな。

ま、黙って聴いてくれなはれ。

https://www.youtube.com/watch?v=HqS9r-mly2c

ブログタイトルの「白いけど黒い」が分かる方は、

たぶんボビー・オロゴンもとい、ボビー・コールドウェルさん

を思い出しますかね。

なんでもボビーさんデビュー当時、

ラジオオンエアを聴いたリスナーが黒い人だと疑わなかったって

エピソードが有名ですが、今回の彼らがまさにそれ。

はい、では歌っているところ。

https://www.youtube.com/watch?v=kLCuN04n_DA

はい、椅子から転げ落ちませんでしたか?。

歌っている方、ほとんどアメリカのコメディアンですが、

下手したらスーザン・ボイル以来の衝撃でしょうか(笑撃?)。

ネジの外れたコステロとも言えそうですが。

後ろのオネーチャンが綺麗過ぎなんで、

想像付くかもしれませんが、北欧の方々です。

いいなぁ、北欧。

https://www.youtube.com/watch?v=05s1BgEhda8

さて、2曲目ですが、より濃さが増してると言うか。

https://www.youtube.com/watch?v=s6Wj_WTgFO8

個人的には、ボビーさんと言うよりは、ボズさんですかね。ブルース臭さがなんとなくね。

https://www.youtube.com/watch?v=0mZ6dFs8c3I

ジャケはおとなしめです。

更新日時 : 2017年07月23日 | この記事へのリンク : 

「銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ」難波弘之

さて、何から書いたら良いものかと。

2013年に初CD化で買って以来封を開けていなかった。

で、久しぶりに聴いたら良かった。(もちろんレコードは持ってますよ。)

「銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ」っての大原まり子さんという方の小説のタイトルですな。

大原まり子さんはそれなりに有名なのかな?(失礼してすみません)。

何でも初版リリース後、重版は無かったらしく、売れてない?レア?。

1985年当時既にかなりの難波フリークだった私は何処で情報を得たか、新品で購入。

もちろん耳タコ。

コレね。

当時は1984年に「真幻魔大戦」、「グリーン・レクイエム」と傑作を連チャンでリリースしていた後なので、

その2作に比べると影に隠れるというか、そんなイメージでしたが、これもその2作に勝るとも劣らない傑作かと思います。(ま、難波フリーク的にってことですけどね。)

SF作家でもある難波弘之さんの小説イメージアルバム三部作と言ってもいいかと思いますが、

ソロアルバムのリリースの合間に出されたこの3作は

ソロアルバムと同様に扱ってもいいくらいの難波ワールド全開で、

フリークとしては大変楽しめたアルバムです。

元々の小説のイメージを音にした作品なので

当然3作とも毛色がちがって当然なんですが、

どれも違ってどれもいい(難波フリーク的にはですね。)。

この「銀河〜」はドラムが鈴木”リカ”徹さんが入って初のアルバムかと思うんですが、

リカさんが元プリズムって事からかもしれませんが

Fusionっぽい感じです(ま、インストばかりなんですけどね)。

で、其処此処に難波フレーズが散りばめられて

ファンとしては言うことなしですな

(作曲は色々な感じで、難波産は数曲です。)。

すみません、音無です。(そのうち自分で投稿するか)

更新日時 : 2017年07月16日 | この記事へのリンク : 

Blu-Rayで楽しむアラン・パーソンズ・プロジェクト、ピンク・フロイド

いい音作りに定評ある

アラン・パーソンズさんとデヴィッド・ギルモアさんですが、

Blu-Rayで近年のライヴを見てみました。コレ。

はい、大変素晴らしい音でした。

https://www.youtube.com/watch?v=jdyto5rf0HU

これなら一万円出しても見に行きたいと言うか聴きに行きたいですな。

https://www.youtube.com/watch?v=UpEX9IyINjU

さすがBlu-Ray、さすがアラン・パーソンズ様

って感じなんですが、

同様に音のこだわり半端ないデヴィッド・ギルモアさん

ならどうかと思いまして、

こんなん聴いてみました。

2年くらい前に出たソロ・アルバムなんですが、

デラックス・エディションにBlu-Rayが付いてきます。

(Amazonで輸入盤1,800円くらい)

いや〜さすがギルモアさん。

レコーディングに立ち会っているかと思わせるサウンドです。

アルバムの内容についてはだいたい予想通り

なんでさほど申すことは無いんですが、

Blu-Rayの臨場感半端ないっす。

https://www.youtube.com/watch?v=IjgS13vN9b0

こうなると聴きたくなるのがPinkFloydですよね〜。

で、こんなん出してきました。

https://www.youtube.com/watch?v=eciyhenMx9U

もう〜♪ 言うことなしです。

更新日時 : 2017年07月09日 | この記事へのリンク : 

「ONCE MORE THAN A FEELING」BOSTON1987Live

このところ、

懐かしのバンド(TOTO、Journy,Boston、Eagles etc..)

のライブCDが色々と発売されておりまして、

まあ〜新作にピンと来ない以上、

こういったCDを聞いて懐かしむって感じでしょうか。

基本、

オフィシャルでのライヴ作品がリリースされていない

Bostonですが、

海◯版の世界では色々とありまして、

映像作品なんかもチラホラ。

いくつか持っておりますが、これは音の良さで◎。

間違いなくライン録音でしょう。

コンサート始まる前から収録されているんですが、

ドスドスとバスドラみたいな音がずっと聞こえていて、

音の調整しているのかと思ったら、

ヴォーカルマイクを叩いていた音でした。

時折、「ふー」とか「うー」とか息を吹きかけているような音がします。

海◯版はこういった臨場感が大事なので

センスある編集かと思います。(ただ、何故かフェイドアウトもあり)

全27曲3時間超のライヴは

全て聞くには辛いもの

(正直サードステージは2枚目までの焼き直し感が強く、アマンダ以外はイマイチ)

があるんで、まだ1枚目までですがホント音良いです。

よくレコーディングされた音の再現性うんぬんカンヌン

言う人が有りますが、

ここまで再現してくれた私は言うことありません。

あ〜会場で聴きたかったなぁ〜と思わせてくれます。

ソロも長いし、レコードとは違ったアレンジもあって、

完璧主義者と言われるトム・シュルツさんですが、

間違えたり、ライヴ用に大胆にアレンジしてたりで、

根はロックンローラーなんだなぁといい感じです。

1978年頃のライヴもいい音で出ないかなぁ〜。

https://www.youtube.com/watch?v=FB6Jmg-wSvQ

更新日時 : 2017年07月02日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2017年09月        >>
          12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)