たまプラーザ賃貸、あざみ野賃貸、セントラル産業不動産BLOG

当社の物件紹介や地域情報まで住むにあたりより親近感をもてるブログを目指します。

ブログ一覧

「犬神家の一族」サントラ〜大野雄二

本ブログの記念すべき第一回はコレ。


http://www.central-tp.com/blog_central-tp_1_id_14.html

2007年5月13日の投稿。もう13年も経つんですね〜。

この頃は定期的にポストしてなくて、期間開くと2月投稿なしとか(^^ゞ。

今は週一回のペース。

もうちょっと余裕もってポストしようかなぁ〜(*^^*)。

で、今回ですが、「ルパン三世のテーマ」はみんな知っている、

「犬神家の一族ののテーマ」はなかなか思い出せない。




https://www.youtube.com/watch?v=t03hgUqOL9w

いや〜良い曲じゃ、あ〜りませんか(≧▽≦)。

なんでかって、それはルパンと同じく大野雄二さんが作ったからですね。


https://www.youtube.com/watch?v=jsRpVOZM8TM

はい、本人ヴァージョン。

ルパン三世のテーマ好きなら、このサントラは必聴ですよ。

全編、美メロとスリリングな展開、まさにルパン!。

ほとんどおどろおどろしくありません。


https://www.youtube.com/watch?v=fEEDJUBnprg

この際、レコードのジャケットは忘れましょう(*^^*)。














更新日時 : 2020年05月31日 | この記事へのリンク : 

Emotional Tattoos/PFM (Premiata Forneria Marconi)

最近思うんですけど、今後、新しい曲にはなんも感動はしないだろうと。

というのは、年を取って昔ほど感動しなくなってきているので、

昔に曲を聴いて感動した事と同じ感触はもう味わうことは出来ないであろうと。

今作られている曲も自分が30代であれば感動するであろうが、

もうこの年では無いかと。

それは年を取って衰えたのもあるし、

これまで聞いて感動した曲が多く、その時の感性によるところも大きいので、

このトコロは何聴いても昔のコレが良かったで終わってしまう。

そんなことを20年も続けてきているので、

五十代も半場の私があと20年感動に会えるかどうかは

”物理的”にも無いであろうと。


では、もう音楽聞かなくてよいってわけではなくて、

昔の良い曲を繰り返し聞いて再発見をするってのが、

これからの音楽の楽しみではないかと思うんです。

と言いつつ今回は2017年発売のこのバンドの作品。

ま〜何回かここでも取り上げているP.F.Mですが、

近年(2000年以降)の作品がとても良いんです。

デビューが1972年くらいですから活動歴ほぼ50年の超ベテランバンド。

それが、ここんところ多作でどれも良い。

私が大好きなイタリアの所謂プログレです。

で、本作なんですが、プログレです。

わけわかなジャケですが、往年のプログレの香りも残しつつ、

今風なポップさもあって聞きやすいです。


https://www.youtube.com/watch?v=1VQ7nG95GPg

正直、近年の難波さんの新曲より良いですわ。


https://www.youtube.com/watch?v=O4BkDXd42jw&list=RD1VQ7nG95GPg&index=7

冒頭の話、結局、自分が音楽に感動していた頃のアーティストで、

原点に近いことしてくれれば心動くんだなぁって事でしょうか。



更新日時 : 2020年05月24日 | この記事へのリンク : 

グレイテスト・ショーマン

中学1年の娘が自分が好きなのは洋楽と言う。

ま〜私も洋楽聴き始めたのは中坊だったから分からないでもないが、

よく話を聞いてみると、アナ雪だったり、ライオンキングだったり。

なるほどね〜、確かにいい曲揃い。

特にに「LetItGo」は今世紀最も良い曲ではないかと

個人的に密かに思っていたりする。

しかし、昔からミュージカルってのが苦手で、

語りが多すぎてメロってるラップ?なんて酷い評価を下していた時もある。

アナ雪はアニメってことで当初から甘く見ていたんで

「LetItGo」の感動も大きかったが、

「ラ・ラ・ランド」はそうでもなかった。

で、娘のご推薦がコレ。


グレイテスト・ショーマン、略してGS・・・これは期待できるかも(≧▽≦)。

はい、グレイトでした(≧▽≦)b。

ストーリーが良いね。テンポが良いね。

太ったおねーちゃん最高だね!。


https://www.youtube.com/watch?v=IRyMoHJu-i8

で、曲が素晴らしい。娘もこの映画でこれが一番と言っておりましたが、

おっしゃる通り(^^)/。

とは言え、他の曲も甲乙つけがたし。


https://www.youtube.com/watch?v=6jZVsr7q-tE

ヒューさんもホントお上手。


https://www.youtube.com/watch?v=XyIDxpUJ10Q

大人な映画ですな。

こんな(コロナな)不況に負けるなって言われてる気がしました。

こんなん見せられると、もう〜新しい曲は映画以外聞く気がおきません。


更新日時 : 2020年05月17日 | この記事へのリンク : 

Partenza 〜出発〜/野呂愛美

知り合いの娘さんのヴォーカルレッスンの先生だそうです。

国立音大を出て、イタリアに留学して声楽を学んだ本格派です。

このところのコロナ騒動でライヴは出来ないわ、レッスンも出来ないわで

四面楚歌なミュージシャンが多い中、インスタでライブ発信を4月から5月にかけて

行っておられました。経歴からするとクラシック中心かと思いましたが、

デズニーやJ-POP、映画音楽、洋楽と幅広い選曲で楽しまさせて頂きました。

そんな彼女のアルバムがコレ。



https://www.youtube.com/watch?v=yq9NiCQzz-E&list=PLtYwF916_ZM9e24rRw_PMdP0z-_Y8mT7o&index=1

いきなりコレですが、本格派と言うか、

歌っていて気持ち良さそうなトコロが飾らないというかよい感じ。

選曲もかなり私好みなんですが、あとは買って聞いてくださいな(^^ゞ。

で、インスタライヴですが、弾き語りで一日2曲。

こちらの選曲も、ま〜たまた、私好みでとてもよかったんですが、

私のリクエストも受け付けてくださって、

カーペンターズ歌ってもらいました(^^)/。


https://www.youtube.com/watch?v=1as0RtYGrs0

アナ雪もやってました。


https://www.youtube.com/watch?v=KOzHKIERFlE

個人的には「マイフェイバリットシングス」と

「ユーガッタフレンド」が最高でした。


https://www.youtube.com/watch?v=cEn2LpnXz44&t=7s

https://www.youtube.com/watch?v=B5-4LzaaWB0

5月も水曜日にインスタライヴやるとの事。(ご覧の通りYouTubeにも配信です。)

ライヴ再開の折には見に行こうっと。

https://www.noromanami.com/

更新日時 : 2020年05月10日 | この記事へのリンク : 

Live In The USA 1969/LedZepplin

はい、ご存じツェッペリンの1969年のライヴCDです。


これAmazonで1000円くらい(^^♪。

まあ〜ブートの世界では有名な音源かもしれませんが、

この値段なら凄い音(悪い意味で)でも許せるというか(^^ゞ。

因みにこのブックレットのデータによると8/31と1/11だそうです。

8/31
https://www.youtube.com/watch?v=xGOIpKGTpwM

1/11

https://www.youtube.com/watch?v=f5lVBIZV3yQ

ってYouTubeで聞けるんだから買う必要あるのかって話でもありますが、

データの世界は確認したくなるんですよ。

実際音が良いのかどうか。

つまり、YouTubeよりCDの方が音が良ければ、やっぱり持っていたい。

それにYouTubeの音を良くするセッティングしていないし。

で、YouTubeの音はうちのステレオで聞いておりませんが、

このCDは音が良いですよ!。良い意味で凄い。69年でこの音は中々ないです。

両方のステージとも遜色ないです。

因みに色んな理由で両ステージともフルステージ1時間前後なんで

CDへの収まりも丁度良い。

そんでもって演奏もこれまた、ああた(貴方)!良いですよ。

MCとかリラックスしてるな〜って感じなんですが、

余裕でこのテンションですか!!。

大規模なフェスだったり、殿堂のフィルモアだったりの大舞台で

この自信たっぷりの堂々とした演奏!。

はい、ゆうことなしです(≧▽≦)。

更新日時 : 2020年04月26日 | この記事へのリンク : 

たまに聞きたくなる産業ロック〜「solo」/クリフ・マグネス

最近、CDを整理してまして久しぶりに目にしたのがコレ。


産業ロックに括るのは、この方の経歴

〜パティオーステティン、デ・バージ、アル・ジャロウ、

ウイルソン・フィリップス、アヴリル・ラヴィーン等のバックやプロデュース、

ジェイ・グレイドンとの「プラネット3」の活動など〜からすると

イメージが違うんですが、ま〜分かりやすくする為に”あえて”言ってます(^^ゞ。


https://www.youtube.com/watch?v=c1HSFul223Y

はい、いうことなしのイントロ、メロディ、歌ですな。

ま〜アルバム1枚確かに捨て曲無しなんですが、

やはりちょっと飽きてくるというか(*^^*)。


https://www.youtube.com/watch?v=AlDaZ0W7VOA&list=PLxSXZGAWxcphLO1PXQvy9QVR1GDRztISl&index=2

https://www.youtube.com/watch?v=MPnYbzmoxaA&list=PLxSXZGAWxcphLO1PXQvy9QVR1GDRztISl&index=3

https://www.youtube.com/watch?v=DVPRuvdsVmU&list=PLxSXZGAWxcphLO1PXQvy9QVR1GDRztISl&index=4

https://www.youtube.com/watch?v=2LgG7RDKmyA&list=PLxSXZGAWxcphLO1PXQvy9QVR1GDRztISl&index=5

と言いつつも、しばらくするとこの手の曲聞きたくなるんですよね〜(^^ゞ。





更新日時 : 2020年04月19日 | この記事へのリンク : 

パズル2nd〜ジョン・バレンティ

ん〜確かにこの立体パズルは難しそうだ(≧▽≦)。

前回と言い、今回もジャケはなんだかなぁ〜。

後のAORのヒット作を生み出した

”ジョン・バレンティ”さんが元居たバンドって事で聞いてみました。


https://www.youtube.com/watch?v=WTviZcq0QQQ

多少のイナタさはあるものの、軽快でよい感じじゃあ〜りませんか!。

年代なりのクロスオーバー感も私は好きだなぁ〜。

年を重ねると趣味がどんどん古い時代に遡って行きますなぁ(*^^*)。



更新日時 : 2020年04月12日 | この記事へのリンク : 

Tightorope/Deliverance〜ビージーズなAOR

前作をココでご紹介。

http://www.central-tp.com/blog_central-tp_1_id_121101.html

1979年発売の本作が4枚目でコレ。


ん〜微妙なジャケ(^^ゞ。

1979年はゴールデンイヤーなんで、音に問題は無いはずなんですが、

このジャケは・・・・ある意味ハイセンス(^^♪。


https://www.youtube.com/watch?v=u4HA_9ybjro


はい、1曲目から見事な産業ロック。


https://www.youtube.com/watch?v=D0f-zbXaMzU

で、2曲目はあらま〜ビージーズ(*^^*)。


https://www.youtube.com/watch?v=umWEAh-pwxM

コレはシングル・カットナンバー。

なるほど、よく出来ていらっしゃる。

どこかで聞いたことあるような〜は前作同様ですな(≧▽≦)。


https://www.youtube.com/watch?v=yRjVABMg9m0




更新日時 : 2020年04月05日 | この記事へのリンク : 

松崎ナオさんライヴ〜向ケ丘遊園「MonkeyWrench」

友人のお気に入りとの事で最近知った松崎ナオさん。

なんか名前見たことあるぞ・・・で思い出したNHKの「72時間」。

https://www4.nhk.or.jp/72hours/

なんだ、年末の特番も録画しているじゃん!。

で、近所で歌うってんで見に行きました。


https://www.facebook.com/pages/category/Beer-Bar/Monkey-Wrench-603864663292842/

駅近のクラフトビアバーです。イベントでなくても行きたくなるお店です。

定員25名とありましたが、コロナもあって10名くらいでしたでしょうか。

おかげでこんな近くで見れました。


はい、チューニング中です。


すぐ目の前で歌ってます(^^♪。


https://www.youtube.com/watch?v=DzLclKuBu2I

あれ、左端に映ってる(^^ゞ。まじか〜もうアップされてるんだぁ(@_@)。

原曲はこれね。


https://www.youtube.com/watch?v=ChwLT4ByNU8

なかなか、と言うか最近ではかなり好きな感じですわ。

淡々と、しかしとても耳に残るメロディにビジュアルライクな歌詞が乗っかって

いつもと変わらない日常に潜んでいる実はすごい事をイメージさせる

この曲はまさに72時間そのものと言えるかも。

他の曲も素晴らしくて、見入ってしまいました。

UAやCocco以来の”狂気”を見たというか、演奏が始まると何かが乗り移ったように

自分の世界に入って瞬時にして周りの空気感が変わりました。

インパクトのあるメッセージを印象的なメロディにのせ、

安定感と躍動感あふれるギターでバックアップして、表情豊かな歌唱で伝える、

そんな感じでしょうか。

コンポーザーとしてもパフォーマーとしても一線級のポテンシャルを

もっていることを強く感じさせてくれました。

大体演奏を聴いているとどういった影響を受けているか想像がつくんですが

松崎ナオさんは色んなアーティストの混じり方が半端ないです。

吸収力があるというか許容範囲が広いんでしょうなぁ。

ゼッペリンも感じましたわ。

懐が深いというか。

で、調べたらもう芸歴20年以上!。

いや〜こんな近くで良すぎですわ(^^)/。

今回は北海道地震の救済のチャリティーで他にもお二方登場で素敵でした。


とても楽しい夜でした。....CD買わないと(^^ゞ。






https://www.youtube.com/watch?v=1H5i0LPa9Kk


更新日時 : 2020年03月29日 | この記事へのリンク : 

Three Little Words/213

Three Little Words/213

三つの言葉、213って何かの合言葉?・・・な感じですが(^^ゞ。


ロスのハリウッドの地図・・・行ったことないのでさっぱり分かりません。

分かっているのは、このアルバムの参加メンバー。

ビル・メイヤーズ(kyd)ガイ・トーマス(G・Vo) 

ニール・ステューベンハウス(b)、カルロス・リオス(g)、

ヴィニー・カリウタ(ds)と


ジェフ・ポーカロ(D)・・・なに〜〜〜〜!!。

ジェフ先生のお叩きになった音が

ま〜〜〜〜だあるんだ!!!。

まあ〜先生以外でも言わずと知れた凄腕さんじゃ、あ〜りませんか!。

https://www.youtube.com/watch?v=ox_SNY56aqI&list=PLrTzQHPEs1Ct6Xyoh5eKXRwqF_6W3nBH3

https://www.youtube.com/watch?v=Ofheo834HMk&list=PLrTzQHPEs1Ct6Xyoh5eKXRwqF_6W3nBH3&index=2

https://www.youtube.com/watch?v=TO3_wO1CRZA&list=PLrTzQHPEs1Ct6Xyoh5eKXRwqF_6W3nBH3&index=4

https://www.youtube.com/watch?v=M-PNOLLyQPs

いんや〜黙って全部聞いてしまいそうですわ。

皆さん、耳タコでしょうが、やっぱり昔が良い!。

このアルバムは1981年だそうですよ〜。




更新日時 : 2020年03月22日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2022年05月        >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)