たまプラーザ賃貸、あざみ野賃貸、セントラル産業不動産BLOG

当社の物件紹介や地域情報まで住むにあたりより親近感をもてるブログを目指します。

ブログ一覧

デザイナーさんが関わるとこうも違うリノベーション

たまプラーザ駅が開業して早48年、弊社も営業開始して46年。管理マンションも多くは40年を超えようとしている建物もチラホラって感じですが、今回ご紹介の第五松美は築39年。

その第五松美を2013年仕様にしたのがこのお部屋。

これまでは、弊社スタッフと工務店さんとで相談して間取りを考えたり、フローリングの色味を検討したりして大規模修繕しておりましたが、分譲住宅販売も手がけている近隣不動産業者さまから東急電鉄の建物なども設計に関わったデザイナーさんをご紹介頂いたので、一つお願いしてみました。

その昔、建てた当時は3DKだった本物件ですが、セントラル+工務店で2LDKになり、デザイナーさんが手がけたら1LDKになってしまいました。

LDKに入ったらこの開放感です。

南向きのベランダで眺望も大変良いのでそれを生かした間取りは素晴らしいかと思います。

お部屋の収納はかの”IKEA”を大胆に設置。

白と黒のコントラストが”今風”を感じさせます。

キッチンも棚を含めお部屋との一体感がキマっております。

洗面、浴室もご覧の通りです。(実は浴室はリフォーム後7年くらいは経っています。)

玄関収納もたっぷり

TVモニター付インターフォンも設備です。

これでたまプラーザ駅徒歩4分です。

是非、ご覧になってください。

更新日時 : 2020年10月26日 | この記事へのリンク : 

千葉ツーリング

雨続きの10月でしたが、たまたま水曜日が晴れたので行って来ました。

スタートは横浜青葉インターからですが、今年北西線が開通したので、

そこを初めて通ってみました。


で、ご存じアクアラインを通って千葉に向かいました。

45分くらいで市原鶴舞インターまで着きました。

”市原ぞうの国”がすぐそばです。子供と一緒に今度来ても良いかと(^^♪。

ま、ツーリングなんで”大人の旅”ってことで、

お寺とか滝とかが観光のメイン(^^)/。


で、最初はココで旅の安全祈願。


高瀧神社です。

なんでも千葉県屈指のパワースポットだそうです。

9世紀の記録「日本三代実録」に記載ある古社で、

社伝によると天武天皇元年に邇邇芸命(ににぎのみこと)を祀って、

とあるそうです。



社殿からは高滝湖(1990年造られた人造湖、県下最大貯水面積)が望めます。

続いてはココ。



粟又の滝、通称「養老の滝」。居酒屋か(^^ゞと思いますが、

これ見ながら一杯やるのも良いかも(^^ゞ

近辺は養老渓谷、養老温泉があって、滝めぐりとか一大観光地区だったりします。

紅葉の名所でもありますが、11月下旬が見ごろだそうで、

キャッチコピーが「関東で最も遅い紅葉」だそうです(≧▽≦)。

はい、湖その2。



亀山湖です。

千葉県初で、最大規模の亀山ダム(昭和56年完成)が作られて湖になりました。

湖畔で昼食&近所で給油(*^-^*)。ここも温泉ありです。

最後はココ。



鹿野山の九十九谷展望公園。雲海と紅葉で有名。

ま、ここも11月後半が見頃ですな(^^ゞ。

無事何事もなく夕方には帰ってこれました。

更新日時 : 2020年10月25日 | この記事へのリンク : 

巨星墜つ〜筒美京平さん

先週に続いて訃報なんですが、日本歌謡界の巨人、筒美京平さんが亡くなりました。

あちらこちらでニュースになっておりますんで皆さんご存じかと思います。


作曲家さんが凄いと思うのは、いい曲だな〜って思って、

こんないい曲書く人の名前を覚えておこうとクレジットを確認したくなる時

なんですが、またこの人かと同じ名前を何度も目にするってケースがあります。

それの最も多い場合が筒美京平さん。

また、ヒットメーカーって言葉はこの人の為にあるんじゃないかと思うくらい

ヒット曲も多い。

個人的には”ヒット曲”には興味ないんですが、

ヒットもするし私のようなひねくれ者も喜ぶ曲を作れる稀有な存在でした。

例えば、数多のヒット曲にまみれているドリカムとかBzとか、

一連の集団アイドル、ひげはやして黒塗りでやたらコーラスがうまいブラザース系

とか、ほとんど興味ありません。

彼らに共通しているのは、曲を聴いて、あ〜これは誰々とすぐ分かる

金太郎アメ的な曲の数々です。

そのアーティストが好きな人にとっては好物なんでしょうが、

そうでない私にとってはただの”音”でしかありません。

かのTheBeatlesのジョンやポールも作った曲にも、

あ〜これはジョンだなぁと分かる癖と言うか個性が如実に現れてきます。

TheBeatlesは大好きなんで良いんですが(^^ゞ。

で、その癖みたいなモンが、筒美京平さんの曲には無いんですよ。

あ〜これは筒美京平さんぽいなぁ〜とはならない。

いい曲だなぁ〜また筒美京平さんか!って感じ。

結局、時代とアーティストに寄り添った曲作りの職人技に

脱帽としか言いようがありません。

筒美京平さんは、個性を出して曲を作れることにちょっとうらやましさを

感じていたのか「私の曲は薄口ですから」とおっしゃっていたそうですが、

薄口で作って、ヒットさせて人を感動させられるんですから凄い。合掌。


更新日時 : 2020年10月18日 | この記事へのリンク : 

ヴァンヘイレン逝く

エディことエドワード・ヴァン・ヘイレンさんが10月6日この世を去りました。

享年65歳。TVでニュースになったくらいなので皆さんご存じかと。

今年はコロナ騒動で、ウイルスで亡くなった方もいらっしゃいますが、

そうでなくてもかつてのヒーローたる人たちが相次いで世の中を去って行った

感があります。

まさかエディまで(T_T)って。病状とかも知らなかったんで突然って感じでした。

ギターヒーロー云々かんぬんはギタリストさんにお任せして、思い出すのは

やはり80年代の数々のヒット曲とマイケルの「BeatIt」でしょうか。


ハードロック、ヘヴィメタルと言ったジャンルを超えて、

ポップスの世界でヒーロー足りえたのはクラプトンと彼ぐらいかと思います。

このアルバムから何曲も全米チャートのベスト10に送り込んだんですから、

その点において、ゼッペリンもパープルも全く及びません。

曲中でギターソロが映えるのは、ポップな曲であればこそ

双方引き立つって事ではないかと、

ヴァンヘイレンの一連のヒット曲や「BeatIt」のギターソロを聞いていると

思います。

多くの人が理解できないソロは意味がないと考えていたのではないでしょうか。

ギターヒーローでもありますが、80年代のポップスターであったこと忘れません。

RestInPeace Eddy.


更新日時 : 2020年10月11日 | この記事へのリンク : 

Super-Nova/Kokoo〜史上最高の70’Rockインストルメンタル・カバー

ん?スクエアじゃ、ないか!?。ってボケて見ましたが、これはかなり良いですよ。

以前ここでちょっと紹介。


http://www.central-tp.com/blog_central-tp_1_id_121385.html

よく見れば、琴と尺八。

この編成でレッド・ゼッペリンとか、ピンク・フロイドとかやっちゃうわけですな。


https://www.youtube.com/watch?v=3szEMtPdq5o

っていきなりジミヘン(≧▽≦)。

いや〜素晴らしい!。

この編成でこうなるってのが驚きでしたが、琴って楽器のピアノくらいの音域と

ダイナミクスがこんなに凄いんだって分かりました。

アコースティック楽器とエレキの中間と言うか、

Rockサウンドにこんなにマッチ!。

また弦楽器なんでベースやエレキのフレーズも違和感なし。

そんでもって、選曲が貴方(アアタ!)、これ、ほれ、なんだ、

凄いのよ(マニアックだけど(^^ゞ。


デヴィッド・ボウイ「ワルシャワの幻想」、ピーター・ハミル「Dropping The Torch」、フランク・ザッパ「Peaches En Regalia」etc。

さらにアレンジも素晴らしい!!

ってか

アレンジャー陣が井上鑑、高橋鮎生、上野耕路、村田陽一etc


なんじゃそりゃ。そりぁ〜良いはずだ(^^♪。

中でもコレ。

https://www.youtube.com/watch?v=xQnCM6JGiz0

聞いた、聴きました?。

なんのカバーと思いきや、ゴジラ(Godzilla)。

ここまでRockしてるゴジラのテーマ知りません。

更新日時 : 2020年10月04日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年10月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)