たまプラーザ賃貸、あざみ野賃貸、セントラル産業不動産BLOG

当社の物件紹介や地域情報まで住むにあたりより親近感をもてるブログを目指します。

ブログ一覧

OKIRAKUBOYS SECRET GIG2019 〜たまプラーザ 3丁目カフェ

地元の話題なんでしょうか?と言われそうですが(^^ゞ。

なんでも、知り合いが参加してるバンドのライヴがありまして、

宣伝というか(*^^*)。


で、ライヴの練習で演奏する曲ばかり聞いているんで、

音楽ブログのネタがないと(;^ω^)。

なんとなく気になったら3丁目カフェのサイトでも見てください。


http://3choome-cafe.com/event/okirakuboys19-07/?instance_id=2747

更新日時 : 2019年06月30日 | この記事へのリンク : 

CITY LIGHTS/田中裕梨〜70年代シティポップへのオマージュ

あらま、綺麗なオネーサン。

これで歌に色気があってお上手なんて、世の中不公平。

まあ〜70年代80年代のシティポップをカバーしましたよ〜

なんてアルバムなんで、

もう発売されて2年も経つんですが、ちょっと気になって聞いてみました。

多分、A◯B関連の方とか、EX◯LE関連とか、

昨今のヒットチャートを賑わしている方々がこういったカバー出してもまず聞きません。

歌お上手でも雰囲気合わないから。

どんなに選曲良くっても絶対に聞きません。

今のリスナー向けに作られたサウンドは正直嫌いですから。

ま、そういう訳なんで、不公平感相まって聞く前から辛口評価なんですが(^^ゞ。


で、選曲ですよ、問題は。

真夜中のドア/松原みき(1979)、 都会/大貫妙子(1977)、マイ・ピュア・レディ/尾崎亜美(1977)、 ミッド・ナイト・ラブコール/石川セリ(1977)、雨音はショパンの調べ/小林麻美、 月下美人/門あさ美(1981)、みずいろの雨/八神純子(1977)シンプル・ラブ/大橋純子(1977)、私のハートはストップモーション/桑江知子(1979)、バイブレィション/笠井紀美子(1977)。

おおっと、これは反則!。

ってわけじゃないですが、ツボるなぁ〜この選曲。わかってるよなぁ〜選者の方。

https://www.youtube.com/watch?v=BKj0H-R3YLU

いやいや、良いじゃないですかぁ〜。雰囲気バッチリですよ。

やだなぁ〜やっぱり世の中すごい不公平。

この選曲で、同じ人が歌うって無理ないですか〜って普通思いますよ。

八神さんと松原さん、いやセリさん、妙子さん、全然違うっしょ。

まあ〜基本的に声が良いのと、田中裕梨さんの個性がまとめ上げているんでしょうなぁ。

違和感無いッス。

レコード既にプレミアで2万円もしますよ。私はCDレンタルしちゃいましたが(*^^*)。

更新日時 : 2019年06月23日 | この記事へのリンク : 

相模運輸倉庫専用線跡〜横須賀は田浦付近廃線跡〜関東唯一の十字平面交差!?

まあ〜こんなの見て喜ぶ人って

よっぽどの変わり者と見られても仕方がありませんが(^^ゞ。

ま、お付き合いくださいな。

コレ見るために横須賀まで行きました。

田浦駅から徒歩数分って感じですが、ココらへんは軍港だったそうで、

色んな運搬用の鉄路がいっぱいあったようです。

まあ〜それくらいなら横浜港付近も結構あるんですが、

ココは平面交差ってのがレアというか、珍しい。

普通旅客路線だと直交してるのは全国でも名古屋に一箇所だけだそうです。

路面電車だと全国に30箇所くらいあるそうなんですが、

一説によると関東ではココだけ!との話も(*^^*)。

で、別名ダイヤモンドクロッシングとも呼ばれている平面交差とはコレ。

まあ〜道路で考えると、普通の交差点じゃん、

となって珍しくもなんとも無いんですが、

線路だと普通は立体交差するんですよ。

制御が難しいらしい。

で、廃線跡となると更にレアかと思って(^^)。

場所ですが、地図をちょっと拝借してご案内。

海上自衛隊や米軍基地、ベイスターズの球場なんてのも有るんですねぇ。

赤線が廃止路線跡。

私が訪問してパチリしたのは以下ですね。

こちらの図では黄緑の線が廃止路線跡。

番号は以下の写真と呼応してます。

横須賀線からの分岐の路盤跡もまだ残っているんですが、草ぼうぼうで(TT)。

,任垢諭1に横須賀港湾合同庁舎が見えます。

△任垢諭9臚営舎前です。

ここでは奥に別の路線もありました。

です。路盤から枕木まで残っております。

い篭教啾羸廖

イ任后L椹悗皇掌鯤震霧鮑垢鰐椶料亜

Δ呂ぅ灰譴平面交差。
え〜コレです。

実はもう一箇所ありまして、

レア物が2つといったところもよりレアかと。

ついでに周りの路線跡も散策。

┐任后

は田浦駅方面からです。

数年前は踏切やディーゼルカー車両が残っていたそうな。

もっと早く訪れれば良かったなぁ。

以下は┐茲蠧鄲Α聞疎Α砲任后



       

あ〜楽しかった\(^o^)/。







更新日時 : 2019年06月16日 | この記事へのリンク : 

Walter/アレッシー・ブラザース〜大人のAOR

大人と言ってもココ(本ブログ)では50代以上の方を対象としております。

ま、同世代ですか(^^ゞ。

AORって大人向けって意味じゃないんですか〜って言われそうですが、

自分は中坊時代にAORばっかり聞いていました。

ま、ジャンルは捉え方は人それぞれですから(^^)。

で、アレッシーさんの新作・・・・ん〜いい響きだ。

もう何年も新作レヴューしてなかったような(*^^*)。

まあ〜新作はいっぱいあっても個人的には”なんだかなぁ〜”ってのが多かったような。


アレッシーさんというと「そよ風にくちずけ」とかなんですが、

今回のアーティスト名は「アレッシー・ブラザース」。

まあ〜どこが違うの?と思わないわけではないですが・・・。

ご存知かと思いますが、「そよ風に〜」出す前は

レコード会社がA&Mでして「アレッシー・ブラザース」と名乗っていたんですね。



ワーナー・ブラザースに移籍して「アレッシー」と名乗った経緯があります。


多分、ワーナーさんでの方が売れていたかと思います。

でも、原点回帰なんでしょうね。

はい、ジャケット二重丸◎。

https://www.youtube.com/watch?v=IuVp0qQNuUM

いや〜王道ですな。

近年の若者ではこうはいかないかと。

まず、音がイイですね。

曲の構成、コーラスなどバランスとセンスが大人。

変に力が入っていなくて、それでいて結構なクオリティを保っている。

ん〜言葉難しいんですが、

凄いハイトーンとか、意表をつくコード進行でびっくりとかは無いんですよ。

でもうまいところをついてくるメロディとアレンジはそのキャリアならではかと。

ビートリーな曲もカントリーな曲も

そのジャンルにうるさい大人も納得の仕上がりだったりします。

当時はそこまでの方々とは思っていなかったんですが(^^ゞ。

大人のミュージシャンがが”分かる大人向け”に作った秀作ですわ。

https://www.youtube.com/results?search_query=kiss+alessi+brothers&sp=mAEB
https://www.youtube.com/watch?v=Vq5NiJCVQXU
https://www.youtube.com/watch?v=1fwUNZxf2X0
https://www.youtube.com/watch?v=Wvf9o5AvxuY
https://www.youtube.com/watch?v=QHSXisXHcAw


更新日時 : 2019年06月09日 | この記事へのリンク : 

Empty Arena/ Sasha Sitkovetsky

サシャ・シトコヴェツキーって読むのかな?。ロシアの方です。


https://www.youtube.com/watch?v=30HjoDf7UOA

基本、ギタリストの方なんですが、

アレンジ、プロデュース、ミックス、エンジニアリングまでされているようで、

音がとても良いです。

とある”プログレ”紹介本でお褒めされていたので、探してました。

2005年発売なんでヤフオクとかでお探しして10数年。

まあ〜インターナショナルなネットの時代なので、

”Discogs”ってサイトで”輸入”しちゃいました。

流石、お褒めの言葉通り、泣きのフレーズは素晴らしいですね。

プログレって言うか、インストなんでフュージョンかな〜。

クラシックのカバーとかしているんで、基本そういった素養の有る方かと。



https://www.youtube.com/watch?v=roYdnNsUDJI

更新日時 : 2019年06月02日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年06月        >>
            1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30           
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)